会社を辞めて留学してみた -辞め留学 カナダ留学編-

カナダ・バンクーバーの留学生情報を公開。2年間社会人→会社を辞職(仕事を辞める)→カナダ・バンクーバーに語学留学。
カナダ語学留学の体験談、経験談、バンクーバー情報などを含め、「会社を辞めて留学」スタイルを紹介するブログ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

下記コンテンツをまだ読んでいない方、ぜひご一読下さい。為になる情報満載です!
よりよい留学生活の為にブログを始めてみませんか?
英語学習方法 〜英語ラジオをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用2〜
Amazon.co.jp
アソシエイト
- | permalink | - | -
<< Welcome back party | main | 英語で映画 >>

会社を辞めて留学すること

こんにちは、なおとです。


2005年も始まり、ワーホリの2005年度発行開始と共に大学休学のタイミングも旬となり、たくさんの留学生もしくはワーホリ希望者がこれからカナダに訪れるのではないか思います。

このサイトでちょこっと僕の留学体験談をお話させて頂いています。自分の予想では一日に3人から5人ぐらいアクセスしてくれたらハッピーかなと考えて始めたのですが、その予想とは裏腹に一日に100件程のアクセスがあるようです。毎度毎度お越しいただきましてありがとうございます。更新の頻度もイマイチで申し訳ありませんホント。。。


そのなかでとあるキーワードを引っ掛けてこのサイトを覗きに来られる方もいらっしゃいます。


そのキーワードとは・・・



「会社を辞めて留学」


実は今のところこのキーワードを入力して検索をすると、YAHOOでもGOOGLEでもMSNでもこのブログがトップにリストアップされます。


少なくともこのキーワードを入力する方の背景もしくは心理には「会社を辞めて留学する」ことを意識している人がいらっしゃるかと思います。
僕も会社を辞めて留学する前の準備段階ではどんな情報も逃さぬように色々なサイトを穴があくまで読み漁りました。それが個人サイトであろうが企業サイトであろうが一通り目を通しました。

今はまだ留学の結果を判断できる時期ではありませんが、すくなからずとも留学というフィルターを通して全く違う視点から今まで考えてもしなかったようなことを考えられるようになりました。そのうちの一つが会社を辞めて留学をした自分を通して自分の価値観や物の見方を違う方向から捉えることができるようになった。会社を辞めて留学なんて冒険ですよね。でもそんな生き方もありだなと肯定的に考えられる自分が今はいます。

ある掲示板で自分の年齢やキャリアのことを踏まえた上で会社を辞めて留学をしたいという悩みを持った人がその気持ちを述べていたのですが、そのレスには肯定的な考え方を示唆してくれる意見が一つもありませんでした。

「いまさら会社を辞めて留学してどうする?」
「就職がますます厳しくなるだけ」
「常識外れな行動」

そのレスをつけた人たちの中で「自分は会社を辞めて留学を実際に行った経験者だがそれは無意味だよ」というような意見は見つからなかったです。

たぶん留学の経験は無いけれども一人の社会人としてちょっと辛口なアドバイスをしているのだと思います。それも一つの大切な意見だと思います。

ただどうでしょう、周りの意見だけで自分の人生を決めてしまうのは
あまりにも自分の人生に対して無責任であるような気もします。

「周りが反対ばかりだからやっぱりあきらめて常識のある生活を行おう」と
決めてしまうのもそれはそれで個人の判断によるものだと思います。


僕の場合は少なくとも直属の上司からはとても煙たい顔をされました。いまさら英語がちょっとできたところで何にもならないぞ、と。一度社会人をはみ出したら二度と戻ってこれないぞぐらいの強い口調で。

留学経験のある上司からは貴重なものをたくさん得るチャンスを絶対に逃すな、君はまだ若いから何でも出来るとアドバイスをもらいました。
同期からは励ましの言葉と羨ましいという言葉をたくさんもらいました。
家族、親戚からは温かいサポートを受けました。
親友達からはオマエらしい人生だから頑張れという言葉をもらいました。

様々なアドバイスに耳を傾けつつ、もちろん最後は自分の決断で来ました。たとえ悪い結果になろうともそこからまた学べるものがあると思います。周りの意見に流されたとて自分の人生に責任を取るのは自分です。だったら自分の心の声を大事に育ててみてもいいのではないかなと。

たとえアドバイスを送る人たちの意見に従って人生を歩んだところで、彼らがアナタの人生の責任をとるなんてことは決して無いですから。

最後に決断をするのは自分自身です。そしてその結果に対する責任を取るのも自分自身です。

その覚悟が芽生えたときにまた一つ違うステップへ進める鍵を手に入れることができるのではないかなと僕は思います。

その鍵を使って扉を開いたとき、その場所が必ずしも楽園であるとは限りません。長い長い茨の道が待っている可能性も十分にあります。真っ暗闇の部屋を僅かな光をもとに手探りで探るかもしれません。ただ、そういう世界が想像から現実に変わることだけは確かです。それは鍵を手に入れてその手で開けた人にしかわかりません。

ただ一ついえることは誰しもがその鍵を手に入れるチャンスがあります。
その気持ちにどれだけの情熱を燃やせるか次第かもしれませんね。

アナタが「会社を辞めて留学」と入力する心の声にこのブログを通してほんの少しの道標が残せれば幸いです。



それでは。
下記コンテンツをまだ読んでいない方、ぜひご一読下さい。為になる情報満載です!
よりよい留学生活の為にブログを始めてみませんか?
英語学習方法 〜英語ラジオをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用2〜
Amazon.co.jp
アソシエイト
自己紹介 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

下記コンテンツをまだ読んでいない方、ぜひご一読下さい。為になる情報満載です!
よりよい留学生活の為にブログを始めてみませんか?
英語学習方法 〜英語ラジオをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用2〜
Amazon.co.jp
アソシエイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント〜お気軽にどうぞ!!!〜

久々に読み入っちゃったよ!
「アドバイスを送る人たちの意見に従って人生を歩んだところで
彼らがアナタの人生の責任をとるなんてことは決して無いですから。」
ごもっとも。心に響きました。
seiko | 2005/01/14 12:57 AM
お久しぶりです。(たぶん)
12月前半に2日ほどお世話になったひろしです。
いつも見てその考え方に関心しております。
私も遅まきながらその鍵を手に入れたので
来年そうそうには扉を開けに行こうと思います。
今、会社で読みながら決意を新たにしてしまいました。
hiroshi | 2005/01/14 8:28 AM
seikoちゃん

結局人生のターニングポイントにぶつかるたびに自分の意思で進まなきゃいけないと思うんだよね。誰かに誘導されたまま分岐点を進んでいって道に迷っちゃいましたってなっても二度と引き戻れないから。Do your BEST!!だよね。


hiroshiさん

おひさしぶりです、お元気そうでなによりです。僕もhiroshiさんの素晴らしい考え方に共感を覚えます。僅か2日でしたが少しでもお役に立てたならばうれしいです。ご活躍をお祈りします!
naoto | 2005/01/18 12:13 AM
こんにちは。
私も2年間勤めた会社を退職し、バンクーバーに留学しようとしています。たまたま検索したサイトの、なおとさんの留学前の状況が今の私と全く同じなので、自分と同じ人がいた!という嬉しさと同時に、今すごく励まされてます。
憧れて入った航空業界ですが、もう一度自分を見つめ直したくて、いろんなことを後悔したくなくて留学を決意しました。上司からは反対され、まだ退職願を受け取ってもらえてないのですが、同期や先輩や両親は応援してくれています。でも、退職と留学が近づいている今日みたいな独りぼっちの休みの日は、会社を辞めて留学することが、誰にも言えないけれど本当は不安で怖くて泣きそうです。今はなおとさんに救われてます。ありがとうございます。
MAY | 2005/07/22 6:24 PM
MAYさん
こんにちは、本ブログにお越しいただきましてありがとうございます。私達と同じように社会人になって仕事をこなしていくうちにいろいろな葛藤を抱えながら留学を決心される方は意外と多くいらっしゃいます。僕もその内の一人でした。

僕は現段階で帰国してから就職活動しているのですが、留学前に比べてむしろ選択肢の幅が広がったという実感があります。現在数社からオファーを頂いて決めかねているところです。留学をしてどんなことを経験してどんなキャリアアップができたかを強くアピールできればそれは確実に次に繋がるのだと思います。

僕は仕事を辞めて留学をしたことまったく後悔していません。こうやって同じ考えを持つ方々とお話できるのも会社を辞めて留学した経験の中の一つの喜びです。

留学に対する思いが真剣であればその分不安や悩みなど抱えてしまうものです。真剣に留学を考える方にはぜひ紹介したい方がいますので一度メールを送ってみてはいかがでしょうか?
ウエストコースト国際教育センター代表Miwaさん
http://www.wie.jp/
こちらから無料カウンセリングメールで留学に関することなどいろいろなことが聞けますよ。

不安を抱えるのはMAYさん一人だけではありませんよ。きっとバンクーバーで同じ考えをもつ仲間と出会えます。

このブログを通してほんの少しでも道標を残せたことを大変嬉しく思います。ぜひ素敵な留学生活をお過ごし下さい。心より応援してます。
naoto | 2005/07/23 1:00 PM
こんにちわ、
私は、入社7年目のものです。私も今会社でいろいろあり、留学したいと思っています。
もともとは、短大を出てすぐ留学したかったのですが、家庭の事情で留学できませんでした。留学したい気持ちは、すごくあるのですが、今勤めている企業が一流企業ということもあり、やめてしまうのがもったいないと思う自分があったり、年齢的にも28歳のこの時期しかないのでは、ないかと思う気持ちとこの二方の気持ちの中ですごくゆれています。
留学後の就職のことも気になりますし、留学で何を得れるのか?それは、自分自身で見つけなければいけないのですが、無意味にならないか?すごく迷いがあります。
こんな迷いがある人は、留学しないほうがいいのでしょうか?何かよいアドバイスがあれば教えてください。
takako | 2005/11/24 12:33 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zhi2ren2.jugem.jp/trackback/103
この記事に対するトラックバック