会社を辞めて留学してみた -辞め留学 カナダ留学編-

カナダ・バンクーバーの留学生情報を公開。2年間社会人→会社を辞職(仕事を辞める)→カナダ・バンクーバーに語学留学。
カナダ語学留学の体験談、経験談、バンクーバー情報などを含め、「会社を辞めて留学」スタイルを紹介するブログ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

下記コンテンツをまだ読んでいない方、ぜひご一読下さい。為になる情報満載です!
よりよい留学生活の為にブログを始めてみませんか?
英語学習方法 〜英語ラジオをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用2〜
Amazon.co.jp
アソシエイト
- | permalink | - | -
<< ロンドン同時多発爆発事件の初期報道について | main | 褒められる喜び >>

留学業者の詐欺にご注意を

こんにちは、なおとです。

留学という行為自体が一つのブームになりつつあるこの頃、ぜひこれから行かれる皆さんには注意していただきたいことがあります。絶対に注意してください。



それは「詐欺」です。



留学代理店による詐欺事件が起きてしまうこともそうめずらしいことではありません。
2005年7月14日付けのこちらのニュースでも留学斡旋業者がお金を持ち逃げしたことが書かれています。この手の詐欺は業界に関わらずまちまち起きてしまうのが現状なのかもしれません。


せっかく留学を決意して一生懸命お金を貯めていざ申し込んだのにそれが持ち逃げされてしまうというのは非常に悲しいです。今回申し込みをされた方々の意気込みなどを思うと残念でなりません留学情報誌の広告で大々的に「格安」を謳って申し込みを促すタイプの業者だったようですが、広告費と価格競争にこだわりを見せる業者ほど中身が薄かったりする場合もありますから。今回の事件はその最悪のシチュエーションですね。



もう一つの詐欺は不当な料金を前払い、返金不可の条件で払わせる留学業者です。



気をつけてください、大手企業でもたまにあるやり口なのですが、留学業者は特に海外での生活の不安、手続きの問題などを前面に出してきます。実際にはほとんど機能しないサポート代やホームステイ代の上乗せ、レートの上乗せ等々あの手この手で余計な費用まで搾り取ろうとしています。不安をあおってあおってなんだかよくわからない手数料を取ったりします。なんだかどっかの悪徳リフォーム業者にも通ずるものがあるような気がしますけれども。留学先に到着して他の留学生となんとなく費用についての話題触れたときに初めて上乗せで料金を払ってしまったことに気づくようです。長期割引を謳って大金を一括で払わせてしまうわけで、払ってしまった後では後の祭りなんです。結局のところ個人の英語力をどう伸ばすか云々ではなくて、いかに契約料の高い学校、単価の高い学校に生徒を何人送るかということに力を入れているなんてこともありえますから。


もちろん海外での生活なんてものは想像もつきませんし、日本ですべて整えた上で留学を進めた方が楽なのかもしれません。誰だって不安を覚えますよ。どっかの英会話学校に通うかどうかを迷う程度でしたらば体験レッスンやらなんやらで実際に見てから決めることができますけれども留学の為に下見をするというのはなかなか難しいものです。

僕がカナダで勉強をしていた時に会社の連休を縫ってカナダ留学の下見をされていた方と知り合ったのですが、その方のように本当に真剣に考えていろいろ見て周って決断をされるのは極稀なタイプだと思います。その意気込みと姿勢には感銘を受けました。(覚えているかなー、僕のこと。もしまだこのブログを読んでいただけてたらば幸いです。)


じゃぁどうすれば確かな情報って得られるんだろうと考えるに、やっぱり現地の生の声を色んな角度から聞くことが一番なのではないかな。留学業者が与える一方的なものだけではなく、現地留学生が発信している情報もしくは体験者の声なんかをどんどん拾い上げていくってのも大切なことだと思います。インターネットをフルに使いましょう。HP、掲示板やブログの情報をこれでもかというぐらい読み漁りましょう。日本人が発信している情報なので日本語で読めるわけで、ここを面倒くさがっている場合ではありません。英語の勉強をすればするほど今度は情報を英語でどんどん消化しなければならないわけですから。

このブログもそうやって貪欲に情報を集めようとしている人の為になれれば幸いです。体験談から情報からどーでもいいことからいろいろと書きなぐっていますけれども、「へー、こんな風に留学した人もいるんだなー」ぐらいのことを汲み取っていただければ大変うれしいです。


僕の場合はバッゲージ一つ抱えてなーんにも決めないでカナダ・バンクーバーに乗り込みましたけれども、えぇ、多少不安はありましたよ。でも確実に信頼できる情報を複数の方向からすでに得ていたのでとりあえず観光センターでユースホステルの情報さえもらえればどうにかなると確信していました。もしもこっちの情報が不確かなものだったとしてもこっちもこっちもあるからまぁどうにかなるだろうといった具合だったんですけれども、結果的には一番信頼できると確信した情報におんぶに抱っこでずっとお世話になりっぱなしでした。
関係者皆さん、大変お世話になりましたm(_ _)m
このご恩はこの会社を辞めて留学してみたブログを続け、常に情報を発信し続けることで色々な方に還元をしていきたいと思います。


ここで僕が絶対にお勧めできる留学カウンセラーはこちらっ!!!なんて紹介するとそれはそれでなんだか誘導しているみたいで胡散臭く感じますね(笑)

本物のカウンセラーは価格や広告費ではなくて「質」で勝負します。
生徒一人一人に対する本気度が違います、理念が違います、一生懸命さが違います。

このブログを読み続けている方でしたらばもうお分かりだと思います。このブログを見つけられるということはそれだけ様々な情報を吸収しよう努力されている方です。しかもこの様に長い文章も読みこなしてしまうほど貪欲な方です。ぜひこのブログのリンクから更に様々な情報を吸収し続けてください。


そして素晴らしい出会いと留学生活を!


それでは。
下記コンテンツをまだ読んでいない方、ぜひご一読下さい。為になる情報満載です!
よりよい留学生活の為にブログを始めてみませんか?
英語学習方法 〜英語ラジオをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用2〜
Amazon.co.jp
アソシエイト
留学業者の詐欺にご注意を | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

下記コンテンツをまだ読んでいない方、ぜひご一読下さい。為になる情報満載です!
よりよい留学生活の為にブログを始めてみませんか?
英語学習方法 〜英語ラジオをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用〜
英語学習方法 〜英語ニュースをとことん活用2〜
Amazon.co.jp
アソシエイト
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント〜お気軽にどうぞ!!!〜

naotoさん、お久しぶりです。hiroshiです。
(どこかの芸人さんじゃないですよ)
もし違ってたら恥ずかしい話ですが、今日の内容は
私のことですか。
ブログしっかり見てますよ。
あれからもいまだに貪欲にいろいろ調べ続けながら
来年2月ごろに1年半越しの野望(辞め留学)をついに実行
することに決めました。
コメントまで宣伝臭くなってしまいそうですが
わざわざカナダまで実際に会いに行って確信の
持てた方のサポートを受けてがんばってみます。
miwaさん、これまで仕事忙しくて連絡できませんでしたが
これからよろしく!!
naotoさん、カナダで、あの視察旅行で出会えたこと
ほんとよかった。かなり影響受けました、ほんと。
あの時は慌しかったのでできれば今度はゆっくり
話したいものです。
(長文すみません)
hiroshi | 2005/07/15 1:15 PM
Hiroshiさん

お久しぶりです、すみません勝手に書かせていただいたのですが、コメントまでいただけるなんて嬉しいです。

ついに来年、会社を辞めて留学組に合流ですか。
留学生活はいい事も悪い事も同時にどかーんとおそってきます。英語漬けの毎日に付け加え文化的な違い、とまどいなど幾多もの困難が待ち受けているかもしれませんが、ぜひ頑張ってください。Hiroshiさんのように真剣に考えて実行する力がある方ならきっと大丈夫です。
チャンスがあればぜひまたお会いしてお話したいですね。

素晴らしい留学生活が過ごせますよう心より願っております。
naoto | 2005/07/15 3:42 PM
留学・ワーキングホリデーを考える人は、なぜ留学エージェンシーやエージェントを利用するのでしょう。理由は、下記のようなものが挙げられるでしょう。

・留学の知識がない
・留学のプロの意見を聞いて、無駄のない留学にしたい
・留学エージェンシーなしにどうやって留学して良いか知らない
・英語が話せない
・何から手をつけて良いか全くわからない

留学エージェンシーは留学のプロ?
留学エージェントらが本当に“留学のプロ”であり、留学検討中の皆さんのことを考え、語学学校やホームステイ探しをしてくれれば問題はありません!

確かに中には良いエージェンシーもあります。ですが、悪いところと良いところを見分けるのは難しいでしょう。見分け方などは下記のURLで確認してください。

無料カナダ留学ガイドブック・びんぼうひまあり
http://www.hima-ari.com
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zhi2ren2.jugem.jp/trackback/166
この記事に対するトラックバック
かつてわたしが留学していたバンクーバは日本から一番近いと言うこともあり、 なおかつ生活がしやすいという(他の地域に比べて寒さがあまり心配しなくて良い)気候的なものもあって、大人気スポットでした。 韓国の某エージェントもあちらこちらに留学生のサポート
留学はお金がかかる=詐欺に注意!! | あおい空の下で | 2005/07/30 10:02 AM